植栽場所:

オオバシコンノボタン(大葉紫紺野牡丹)

ノボタン科ティボウキナ属

学名:Tibouchina grandifolia
別名:アツバノボタン
原産:ブラジル

 ブラジル原産のノボタン科シコンノボタン属の植物です。名前の由来は、仲間のシコンノボタンより葉が大きいことからきています。高さは3m程度になる直立する常緑の半低木です。葉は、長さ15~20㎝のやや大きいタマゴ形で、短い羽毛が生えていてビロード質、光によって緑がかった銀色に輝きます。花は青紫色で、直径2~3㎝の五弁花が枝先に穂状に群がって付きます。7~8月の盛夏に開花し、赤味を帯びた蕾もきれいです。株全体に短い毛が生えています。茎の断面は四角形で下部は木質化して硬くなります。開花前には蝶の羽根のように対生に幾重にも葉を広げた、この美しい新梢も楽しめます。
 葉が厚いことから奄美や沖縄ではアツバノボタンと呼ばれており、庭木や公園などで利用されています。