植栽場所:

シラン

ラン科ブレティア属

学名:Bletia striata
別名:紫蘭
原産:日本、中国

 シランは日本や台湾、中国の雲南、四川にかけて分布するラン科ブレティラ属の野生のランです。漢字では紫蘭と書き、文字通り紫色の可愛らしい花が咲くのが名前の由来です。花の色は紫のほかに白や淡桃色の品種もあります。万葉集にも登場するくらい古くから愛されてきた花です。日当たりの良い湿地や草地などに自生し、性質は強健です。自生地開発や園芸採取などによって数を減らし、現在は準絶滅危惧種に指定されています。葉は一つの球茎から4~5枚生じ、葉柄部は葉梢となり重なっています。葉の長さは15~30㎝、幅5㎝程度で先がとがっており、表面はしわが多いです。葉梢の中心部から花茎が伸長し、長さ30~50㎝となり4月頃に長さ3㎝程度の花を3~7個付けます。庭植にも適しますが、鉢やプランターでも容易に栽培できます。シランの花言葉は「お互い忘れない」です。