植栽場所:

ストレリチア ニコライ

バショウ科ストレリチア属

学名:Strelitzia nicolai
別名:オーガスタ(鉢物)
原産:南アフリカ

*通年開花

 種の名前の由来は、皇帝ニコライ一世の名前から付けられたものです。大きく高木状になる舟型の苞に包まれた花序が2~5個固まって付きます。苞はいくらか桃褐色を帯び、花被片は淡青色~白色です。南アフリカではインド洋側のダーバン南部に大きな純林を作って生育しています。
 葉が大きく、一般に観葉植物として鉢物栽培されており、ストレチアオーガスタとして市場流通しています。公園や植物園では観賞用として、露地や温室で栽培されています。幹立ちして高さ10mになります。