植栽場所:

ハゴロモジャスミン

モイセイ科ジャスミヌム属

学名:Jasminum polyanthum
別名:
原産:中国南部

 ハゴロモジャスミンは中国南部を原産とするモイセイ科ジャスミナム属の常緑つる植物です。葉は対生し、5~7小葉からなる奇数羽状複葉です。頂小葉は3脈が目立ち卵円形で先は細長く尖ります。花は長く伸びたつるの先に1㎝ほどの淡い紅色を帯びた白い小花が30~40個まとまってつき、株全体を埋め尽くすようにして咲きます。蕾のときは桃紫色をしていますが、開いた花は白色です。花冠は筒状で先が大きく5つに裂けています。花には強い芳香があります。
 ハゴロモジャスミンは鉢物として園芸店などで販売されていますが、近年、庭に露地植えしフェンスなどにからませて栽培している光景をよく見かけるようになりました。