植栽場所:

ムクゲ

アオイ科フヨウ属

学名:Hibiscus syriacus cv.
別名:
原産:中国

 中国原産のアオイ科フヨウ属の耐寒性落葉低木で、高さ3~4mになります。かなり下のほうから分枝し、直立型の樹形となります。葉は互生し、ほぼ卵形で長さ4~10㎝、浅く3裂します。花は春から伸びた枝先の葉のつけ根に一輪ずつ多数付き、次々に開花するので2ヶ月以上長期間楽しめます。開花時期は7~9月頃で、淡い紅紫色のハイビスカスに似た、直径6~10㎝の5弁花を咲かせます。園芸品種も多く、ピンク、紅、紫、白などの花色があり、花形も一重、半八重咲き、八重、バラ咲きなどがあります。韓国の国花で、韓国では花や若葉を食べ、葉はお茶の代用として飲まれます。日本でも江戸時代から庭木として親しまれ、夏の花木として定着している身近な花木です。