植栽場所:

ロドレイア

マンサク科ロドレイア属

学名:Rhodoleia championil / Rhodoleia henryi cv. Red Funnel
別名:シャクナゲモドキ
原産:東南アジアから中国南部

 ロドレイアの仲間は東南アジアから中国南部にかけて7種が分布する常緑の小高木で、マンサク科ロドレイア属の植物です。この中で、日本に導入されているのは主にカンピオニーとヘンリーという2つの種ですが、ヘンリーのほうが、葉も花も樹高も大きめです。
 花色はピンクから濃紅色で、直径5㎝ほどの花が枝先に房状に集って下向きに咲きます。花の付き方や葉・樹姿がシャクナゲに似ているので別名をシャクナゲモドキと呼ばれます。香港では旧正月の飾りに欠かせない花とされています。開花期は2~4月ですが、若木のうちはやや花つきが悪いようです。
 樹形は立ち性で、シャクナゲに似た厚くて丸い葉は、冬でも光沢がある濃緑色です。