花図鑑

ギョリュウバイ

ギョリュウバイ

  • ギョリュウバイ
  • ギョリュウバイ
  • ギョリュウバイ
  • ギョリュウバイ
  • ギョリュウバイ
  • ギョリュウバイ
  • ギョリュウバイ
  • ギョリュウバイ
  • ギョリュウバイ
  • ギョリュウバイ
学名  Leptospermum scoparium
和名 ギョリュウバイ
別名 ティーツリー(英名)
科名 フトモモ科
原産地 ニュージーランド、タスマニア
見ごろの時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
- - - - - - - -
開花エリア 芝生広場
解説  フトモモ科レプトスペルムム属の植物は、オセアニアを中心に約40種が分布しており、日本では、その中のスコパリウム種をギョリュウバイと呼んで栽培しています。ギョリュウバイの原産地は、ニュージーランド、タスマニアで、ニュージーランドでは国花になっています。名前の由来は花が梅の花に、草姿が中国原産の「ギョリュウ(御柳)」という樹木に似ていることから付けられといわれています。
 ギョリュウバイは、樹高3~5mの常緑低木で、大別して春咲きの矮性系統と秋咲きの高性系統があります。鉢物として市販されるのは主に春咲き系統です。開花期間が長いのが特徴で、フラワーパークでは、12月から3月にかけて開花します。花色は白やピンク、赤などで、一重咲きと八重咲きが有ります。梅に似た直径1~2㎝程度の可憐な花を、枝に沿って次々に咲かせます。開花後は小さな褐色の果実を付けます。
 葉は、先端が尖った長さ1㎝程度の針状の細葉で、硬くてやや赤味があります。

フラワーパークかごしま

鹿児島県指宿市山川岡児ヶ水1611番地
TEL:0993-35-3333
FAX:0993-35-3555

開園時間

09:00~17:00(入園は16:30まで)

休園日

12月30日・31日

入園料

高校生以上 個人 630円
団体(20名以上) 500円
小・中学生 個人 310円
団体(20名以上) 250円
幼児 無料

年間パスポート

高校生以上 1,050円
小・中学生 520円
Copyright© FlowerPark Kagoshima.All Rights Reserved