花図鑑

カンヒザクラ

カンヒザクラ

  • カンヒザクラ
  • カンヒザクラ
  • カンヒザクラ
  • カンヒザクラ
  • カンヒザクラ
  • カンヒザクラ
  • カンヒザクラ
  • カンヒザクラ
  • カンヒザクラ
  • カンヒザクラ
学名  Prunus cerasoides var. campanulata
和名 カンヒザクラ
別名 台湾桜
科名 バラ科
原産地 中国大陸~台湾
見ごろの時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
- - - - - - - - - -
開花エリア ジャングル・花の谷
解説 中国大陸南部から台湾に分布し、沖縄に野生化しているサクラ属の一種です。落葉小高木で、樹高は5~8mになります。葉は長さ10cm程度の卵型をしており、縁はのこぎりのようになっています。従来は、ヒカンザクラ(緋寒桜)と呼ばれていましたが、ヒガンザクラ(彼岸桜)と混同されないように、最近はカンヒザクラ(寒緋桜)と呼ばれることが多くなっています。早咲きのサクラで1月中旬頃開花します。花は新葉が展開する前に、前年の枝の葉の付け根に2~3個付いて、下向きに半開状に咲きます。花形は一重咲きのつり鐘型で直径約2cm、花びらは5枚で基部で接合し、ソメイヨシノは花びらが散りますが、カンヒザクラは花ごとポトリと落ちます。花色は鮮やかな緋紅色から桃紅色で、サクラ類の中で最も紅色が濃く、萼も紅色であるため満開時は木全体が濃い紅色に染まります。果実は卵円形で直径約1cm、5月頃に赤色に熟しますが、美味しくはありません。フラワーパークかごしまでは、「花の並木道」で一重と八重のカンヒザクラを楽しむことができます。

フラワーパークかごしま

鹿児島県指宿市山川岡児ヶ水1611番地
TEL:0993-35-3333
FAX:0993-35-3555

開園時間

09:00~17:00(入園は16:30まで)

休園日

12月30日・31日

入園料

高校生以上 個人 630円
団体(20名以上) 500円
小・中学生 個人 310円
団体(20名以上) 250円
幼児 無料

年間パスポート

高校生以上 1,050円
小・中学生 520円
Copyright© FlowerPark Kagoshima.All Rights Reserved